夜は短し歩けよ未来大生

未来大生が人工知能を中心に勉強していく上で、学習メモや日記として書いていきます。

勉強する意味。

注意

このブログは個人の考え・意見です。 発言に一切の責任は負いません。
異論、あなたの考え、大歓迎です。
思うことがあれば是非教えてほしいです。

時間がない人向け

勉強する意味がわからない人は、勉強しなくてもいいから色んなことに興味を持って欲しい。 興味を増やすにはテレビのニュースを見るのが一番だと思っています。作業をしながらでも話半分でいいからテレビのニュースを見てみましょう。「ん?どうゆうこと?」と思ったことをスマホやパソコンを使って深く深く掘り下げてみてください。勉強なんてしなくてもそれで十分です。そこから知識や学びは広がっていきます。

勉強する意味がわからない学生

先日電車に揺られていると、電車の中で中学生くらいの風貌の少年たちから勉強する意味がわからないといった言葉が聞こえてきました。少し気になり聞き耳を立てていると、数学や英語が将来何の役に立つのかといった内容でした。

身に覚えがある

多くの人は同じように考えたことがあるんではないでしょうか?少なくとも私は同じように考えた記憶があります。というか、自分は学校の教員に対して言い放った記憶がありますが。そして大人になればわかるよと言われました。

大人になったよ

さて、今現在大学3年生となり学生ではありますが、世間的には大人として扱っていただくことが多い社会的立場になりましたが自分には未だに勉強する意味はわかりません。どうやら未だにあの時の先生のおっしゃった大人にはなれていないようです。勉強する意味は未だにわかりません。でも、多少は成長し大学に入学し大人に近い思考をもった一人の人間として勉強する意味を考えてみようと思う。

勉強する意味を考えてみる

そこで今までの経験の中で簡単に思いつく、勉強をしていて実生活において役立ったことを考えてみる。

  • 友達と行ったご飯での割り勘の計算(割り算の計算)
  • 消費税の計算(掛け算)
  • 水素水なんて物を買わずに済む(理科)

パッと思いついたのはこんな物だ。ここから考えるに国語や社会、英語は役に立たないから勉強しなくてもいいのではないかという結論に至ってしまいそうだ。

理数系だけ勉強すればいい?

決してそんなことはない。別に割り勘や消費税なんて自分で計算しなくても店員さんやレジが計算してくれるし、水素水なんて高級なお水を買うことで日本経済を回す役に立っているのだ。別に勉強する必要なんてないような気がしてくる。

勉強しなくてもいいんじゃね

ここまで長くなったが私の考えとしては、生きていくだけなら勉強なんてしなくてもいいと思う(もちろん賛否両論あると思う。ぜひ思ったことをコメントしてくれると嬉しい。)。これを見て「じゃあ勉強しない」なんて言わずに、どうせここまで読んだのだから最後まで読んで欲しい。

なぜか

自分は特に必要だとは思わなかったからだ。もちろん社会で生きていく以上は、一般常識やある程度のマナーは必要である。だが、たかだか掛け算ができないとか、英語が話せないとか、古文が読めないだとか、別に困らないのである。決して良い考えではないが、困っていれば誰かが助けてくれる。別に生きていくだけならば問題ないだろう。昔から人は一人では生きていけないと言う。だから助けてもらえばいいのである。

でも現実は甘くない

本当に生きるだけであればこれでもなんとか生きていけるかも知れない。だが、これだけでは満足な生活はできないだろうとだけ言っておこう。

どうしても勉強したくない

気持ちはとってもわかる。でも、勉強したくない人たちにどうしてもして欲しいことがある。それはなにかに興味を持つことだ。別に勉強なんてしなくていい、ゲーム、本、スポーツ、エッチなこと、何にだっていい、ただ何かに興味を持って欲しい。

今現在何にも興味がない

今現在何にも興味がない人もいるだろう。そんな人には是非テレビでニュースを見て欲しい。スマホのニュースアプリとかではなくテレビでニュースを見るのだ。なぜか、それは自分で見ようとしなくても勝手に情報を伝えてくれるからだ。スマホアプリでニュースを見ようと思うと自発的な行動が必要になってしまう。勉強の必要性がわからない人にはきっとスマホアプリでは続かない。別にスマホをいじりながらでもいいのだ、ぼーっとしながらでも惰性でも話半分でいいからニュースを見るのだ。

気になってしまう

話半分でもニュースを見ていると、ふとした時に「ん?どうゆうこと?」と思うことが少なからずある。これがとても重要なことなのだ。是非その時には今あなたが手にしているスマホやパソコンを使って疑問に思った言葉をそのままGoogleの検索窓に打ち込むのだ。ニュースになっていることは、大概記事にしてまとめられている。そして出てきて、わからない言葉なんかをまた調べて広げていくのだ。そしてどうしてもわからないことは友人や学校の先生親なんかに聞いて欲しい。そういった事を続けているといつの間にかあなたは知識人になっている。きっと色んな物に興味を持っているだろう。

興味のあるものだけでも十分だ

興味をもてたなら、今度はそれについて詳しくなっていくのだ。もうすでに詳しい気でいるかもしれないが案外そんなことはない。ゲームが好きだと言うならそのゲームの動く仕組みは知っているのだろうか。自分の好きなゲームの仕組みは知っていてもいいんじゃないだろうか。自分の興味のあるもの、好きなものだけでもいい、勉強するんじゃなく調べるのだ。

長々と書いたけど

ここまで長々と読みにくい文章を書いてきたが、一番言いたいことを軽くまとめる。

勉強する意味なんて僕にはわからないし、正解もないと思う。もしかしたら意味なんてないかもしれない。でも何かに興味を持って欲しい。あなたの好きなもの、興味のあるものを全力で楽しんで欲しい。好きなものや興味のあるものを否定する権利は誰にもないのだから。好きなものを好きなだけ楽しむのが一番。ぜひそこから広く知識や学びを広げて欲しい。